敬老の日に喜ばれるプレゼントとは

敬老の日は、長寿をお祝いし、お年寄りに感謝の気持ちを表すために制定された日本の法律です。

いくつになったらお年寄りと考えるかは個人差もありますし、相手との関係性も関わってきますが、最近では還暦を過ぎたらという見方が一般的です。

敬老の日の情報はここで調べよう。

とはいえ、近年は60歳を過ぎてもまだまだ元気いっぱいという人も多く、本人としてもまだ老人扱いされたくないと感じる人もいるようです。



ただし、まだ50代でも、孫からもらえる敬老の日のプレゼントならうれしいという人もいるでしょう。


敬老のお祝いやプレゼントをする時は、相手との気持ちのすり合わせのほうが大事になります。



9月に入ると、スーパーなどでは敬老の日のプレゼントと称して様々なものが売り出されます。服飾品や食べ物、飾り物や電化製品など、候補がたくさんあって迷ってしまうものですが、やはり重要なのはプレゼントを贈りたい相手がどんな好みを持っているかです。

できれば普段からリサーチをかけて、どんなものなら喜ばれるか当たりをつけておくのが理想的です。
あるアンケートでは、おじいちゃんはお酒、おばあちゃんはお花を好む傾向があるという結果が出ていますが、アンケートはあくまで総体の意見であり、個々人の考え方を反映したものではありません。

また、贈り物に洋菓子が多い傾向がある反面、お年寄りは和菓子を好む人が多いという結果もありますから、世代による価値観の差も考慮に入れたほうがよさそうです。